このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月 中古車 相場値上り・値下りランキング

プロト総研では3月度の「中古車 相場値上り・値下りランキング」を公表した。今月も中古車相場の値上りベスト20位、値下りベスト20位を集計し、それぞれベスト3の推移を公表。また、変動の大きい注目の車種をピックアップして今月の傾向をコメント。定点観測のデータから中古車市場を見据えてみたいと考えている。
なお、公表したデータの変動金額、変動率は2016年4月時点を基準とした金額差、差率を示している。

2017年3月 中古車 相場値上り・値下りランキング:値上りではトヨタのアリオンが3ヶ月連続でトップ 2017.4.12

※2016年4月時点との比較ランキング

今月の値上りピックアップ車種

16位 アウトランダーPHEV
2015年7月にフェイスリフトを伴うビックマイナーチェンジが行われており、そのマイナーチェンジ後の車両が小売市場に多く流通したことにより相場が上昇したと考えられます。

4位 チェイサー
ツアラーVやTRDスポーツなど一部の人気グレードかつ車両状態の良い車は、発売から10年以上経った現在でも高額で取引されています。需要の高い車であるため、今後も高い相場を維持していくと思われます。

中古車相場値上りランキング3月【ベスト3】

 
中古車相場値下りランキング3月【全国総合】

※2016年4月時点との比較ランキング

 

今月の値下りピックアップ車種

13位 プリウスPHV 30系
2017年2月にフルモデルチェンジより、相場の変動基準である2016年4月時点で現行モデルであった30系が先代モデルとなったことが今回値下がりが生じた大きな要因と推測されます。さらには現行モデルである50系の人気や評価が高いことも、値下がりを加速させた要因の一つとなります。

15位 Mクラス
Mクラスは2015年10月に絶版モデルとなり、後継車としてGLEが発売されております。
そのため、Mクラスは現行ラインナップから姿を消したことで知名度が下がり、中古車需要についてもGLEへの需要が高まっている傾向が見られるため、相場が下落したと考えれます。

中古車相場値下りランキング3月【ベスト3】

※中古車相場はすべてグーネット調べ
※条件:掲載台数100台以上(バス・トラックなど除く)、平均掲載価格50万円以上(2016年4月時点)
※変動金額、変動率:2016年4月時点を基準とした金額差、差率を表す